日時 2021年2月27日〜28日
場所 愛知工業大学 鉀徳館(講堂兼体育館)
〒470-0392 愛知県豊田市八草町八千草1247
TEL:0565-48-8121(代表)
対象 ミニム(12歳以下)フルーレ
カデ(16歳以下)フルーレ
地域 東海(愛知・岐阜・三重・静岡)
北信越(長野・福井・新潟・富山・石川)
近畿(滋賀・奈良・和歌山・京都・兵庫・大阪)

※変更がある可能性があるため要項は2月8日に掲載いたします。
 大会参加〆切は8日から1週間と考えております。
※緊急事態宣言の延長なども含め大会会場が使用できなくなった場合は延期もしくは中止の可能性もございます。

愛知県フェンシング協会初のクラウドファンディング実施

新型コロナウイルスは、世界を震撼し続けています。
スポーツ界への影響も大きく、フェンシングも例外ではありません。
全ての大会が中止となっており、目標を失った選手たちの生の声を聞いてきました。
コロナ対策を施した子供たちの大会を開催すると決意しました。

コロナ対策費用&大会参加費無料を目指し、支援者100名、目標金額200%の1,004,500円を支援して頂きました。

プロジェクトリーダー「愛知県フェンシング協会 常任理事 冨田弘樹」

中学1年生からフェンシングを始め、高校時には全国大会優勝、U17日本代表、U20日本代表時に世界ジュニア選手権でベスト8、2010年までワールドカップに出場。

最高順位は2005年日本で行われた高円宮杯ワールドカップで13位、世界ランキングは2004-2005シーズンの139位が最高。

選手引退後はフェンシングコーチとして、小·中·高校生を中心に指導し、2016年度全国小学生大会優勝·全国中学生大会優勝·インターハイ優勝·全国高校選抜大会優勝、2017年度全国中学生大会二連覇、インターハイ二連覇を経て2018年度からU-20/U-17日本代表コーチにも就任。

大会プレゼンター「西藤俊哉選手」

5歳の時にフェンシングを始め、小学校3年生で全国大会に出場。その大会のイベントで太田雄貴氏と対戦したことをキッカケに、オリンピックを志すようになった。中学2年生の春にはJOCエリートアカデミーに選出され、ナショナルトレーニングセンターを拠点に活動。

U-17とU-20の日本代表に選出され、年代別世界選手権では、団体戦での優勝を含む5つのメダルを獲得。2017年の世界選手権にて個人銀メダル獲得、同年夏季ユニバーシアード団体で金メダル、全日本選手権で金メダルを獲得した。

2019年のアジア選手権で個人銅メダル、2020年2月のW杯エジプト大会で個人ベスト8位に入り、現在世界ランキング27位。

皆様のご支援で多くの選手が「笑顔になれる!」「上を向いて歩いて行ける!」キッカケを。